NPO法人田んぼBLOG
 

アメーバ(Amoeba proteus)、単細胞恐るべし!

田んぼの中で見られる単細胞生物のなかでもアメーバは特に面白い。

わたしが飼っていたのは、Amoeba proteusという大型のもので、米粒が好物で、途中で具合が悪くなることもあったものの、科学館学芸員時代の7年間、無事に一緒に過ごすことができました。脳や口や肛門もないのですが、ゾウリムシやワムシなどの素早く動きまわる原生動物でも静かに仮足(pseudopod)を使って忍び寄って、いつのまにか包み込んで食胞(food vacuola)で消化し、細胞の後ろ側から糞として出しています。水のように、相手によって形を変えられる究極の生きものです。

そして、驚くほどに機能的でありがなら単細胞です。機能に特化し、複雑に組織化することで失うことも多いととをアメーバは笑って見ているかもしれません。単細胞恐るべし!


11:18 AM| 最新情報|master


«  |  »


  • ととってなに?

    多いととってなんですか?

 

アーカイブ archive



Facebook
海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
〒989-4302
宮城県大崎市田尻大貫字荒屋敷29-1
地図はこちら
tel&fax : 0229-39-3212
e-mail: npotambo@yahoo.co.jp