NPO法人田んぼBLOG
 

コウゾリナとモンシロチョウ。遠くには加護坊山が見える。

コウゾリナとモンシロチョウ。遠くには籠坊山が見える。

本日6月30日の午前中。大崎市田尻の休耕田のカメムシの調査に出かけた東京大学大学院農学生命科学研究科特任助教の吉岡明良さんの指示で、休耕田のすくい取り調査を行う。秋に斑点米の原因となるカメムシは、今、休耕田や牧草地のイタリアンライグラスなどを食べて生きていたのだ。彼らの次の世代が田んぼに移動して害を及ぼすことになる。夏に第二世代の田んぼのカメムシの調査はするものの、その原因となる休耕田や牧草地の6月の調査を疎かにしてはならない。

調査のかたわら、よく見ると休耕田にコウゾリナの黄色い花がひっそりと咲き、体を小さな赤褐色の毛で守っている。そこに、モンシロチョウが蜜を吸いにやってきているのだ。遠くには加護坊山が見える。高山に行かなくても、事務所からわずか5分でこんな景色に会える。


3:54 PM| お知らせ|master


«  |  »


 

アーカイブ archive



Facebook
海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
〒989-4302
宮城県大崎市田尻大貫字荒屋敷29-1
地図はこちら
tel&fax : 0229-39-3212
e-mail: npotambo@yahoo.co.jp