NPO法人田んぼBLOG
 

人間代掻き こどもたちが開放される田んぼの空間

こどもたちが田んぼを走り回ることでNPO法人田んぼの実験田の代掻きが終了し、田植えを行えるようになります。これが田植え前の最後の重要な作業です。 http://www.youtube.com/watch?v=A3vROmRc_D4                         実験田は、6年間『ふゆみずたんぼ』を行なっており、除草剤、殺菌剤、殺虫剤などの農薬は一切浸かっていないばかりか、化学肥料をや有機肥料も一切いれず、無施肥で生態系の力だけで十分に通常の収穫量を得られることが分かって来ました(東京大学農場棚田氏の調査では528kg/10a)。      秋に軽く代掻きした後、水を入れ、春にはこの人間代掻きのみを行なって、あとは田んぼの微生物を始めとした生きものたちにお任せします。最後に子供たちのエキスも加わってますます健康な田んぼに変化し、稲が順調に育っています。


11:43 AM| お知らせ|master


«  |  »


 

アーカイブ archive



Facebook
海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
〒989-4302
宮城県大崎市田尻大貫字荒屋敷29-1
地図はこちら
tel&fax : 0229-39-3212
e-mail: npotambo@yahoo.co.jp