NPO法人田んぼBLOG
 

南三陸の自然農法の田んぼの抑草。コナギとオモダカと竹ぼうきと。

南三陸の自然農法の田んぼの抑草。コナギとオモダカと竹ぼうきと。

自然栽培の田んぼの抑草管理は最も難しいと言われている技術のひとつです。『ふゆみずたんぼ』でトロトロ層が十分に発達して、田んぼが菌類や、イトミミズ類、ユスリカ類によって濁っていればよいのですが、それに至るまでには少なくとも5年はかかってしまうでしょう。そうすると残された手段は、手取り除草しかないのでしょうか?

実ははそうではありません。私たちは、伊豆の農家水口さんに教わって、竹ぼうき除草を行なっています。本日6月13日には、、南三陸小森熊田の田んぼの竹箒除草を稲の苗を補植しながら行いました。写真はオモダカやコナギといった雑草と竹箒除草機の先端部分です。除草剤を使わずに、草を抑えることは、そこに生息する全ての生きものにとっても嬉しいこと。ナミゲンゴロウの産卵のためにオモダカも絶滅させずに少しは残してあげましょうか。物理的な抑草ならそれも可能になります。そんな会話をしながらの田んぼの抑草対策でした。


4:25 PM| 最新情報|master


«  |  »


 

アーカイブ archive



Facebook
海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
〒989-4302
宮城県大崎市田尻大貫字荒屋敷29-1
地図はこちら
tel&fax : 0229-39-3212
e-mail: npotambo@yahoo.co.jp