NPO法人田んぼBLOG
 

南三陸秋目川の復興田んぼに水が入る

南三陸秋目川の復興田んぼに水が入る。

5月3日の水路の復活に続iいて、5月4日に2年ぶりに南三陸秋目川の復興田んぼに水が入りました。田んぼの畦は、もぐらたちが自由に穴を掘っていたために、あちこちに大きな水の道ができています。それを補修してしっかりとした畦を復活するのも、ボランテイアの皆さんの活動のひとつです。

荒れていた田んぼも、水が入るとすっかり田んぼらくなって、5月5日に髙橋さんが、荒代掻きを行うことによって、水持ちもとても良くなりました。秋目川の復興田んぼは、全体で約33aあるのですが、今年は無理せずに、およそ17aを作付することになりました。6月7日から9日まで、南三陸小森熊田の『ふゆみずたんぼ』による復興田んぼとともにこの田んぼも芒種(二十四節気のうち、禾のある種の植物:つまり稲の移植の日、今年は6月6日)に手植えをするボランテイアの皆さんを募集しています。


4:49 PM| 最新情報|master


«  |  »


 

アーカイブ archive



Facebook
海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
〒989-4302
宮城県大崎市田尻大貫字荒屋敷29-1
地図はこちら
tel&fax : 0229-39-3212
e-mail: npotambo@yahoo.co.jp