NPO法人田んぼBLOG
 

島根から被災地の南三陸に脱穀機が贈られます

3.11の東日本大震災の津波から1年7ヶ月後の2012年10月11日。島根県から脱穀機(ハーベスター)が発送されたという連絡が入りました。待ちに待った脱穀機は、16日(火)に南三陸の西城清雄さんの本宅に届くことになっています。ご覧のように島根県の方々の復興への支援メッセージが、いっぱいに書き込まれていて、感動します。実物をはやく見たいという思いいがつのります。

農業にたずさわっていない多くの方々は、稲刈りが終わるとすぐに米ができると思っています。しかし、手刈りした稲や、バインダーで丁寧に稲刈りを行う伝統的方法では、その後に稲架掛け作業や脱穀の作業が残っているのです。もちろん足踏み脱穀機という手もありますので、ボランテイアの皆さんには伝統技法を体験してもらい、並行して動力付きの脱穀機(ハーベスター)も体験してもらおうと思っています。

太陽の光をいっぱいに浴びた稲は、その恵みをいっぱいに浴びた布団のように、自然の柔らかさと無限の豊かさを伝えてくれるでしょう。ゆっくりと仕上げたお米は、きっと極上の味になります。ほんとうに美味しい新米の適期は、11月中旬なのです。


7:34 PM| 最新情報|master


«  |  »


 

アーカイブ archive



Facebook
海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
〒989-4302
宮城県大崎市田尻大貫字荒屋敷29-1
地図はこちら
tel&fax : 0229-39-3212
e-mail: npotambo@yahoo.co.jp