NPO法人田んぼBLOG
 

放課後の田んぼの稲刈りで、農村が笑顔でいっぱいに!

稲刈りが始まって2日目の9月27日、NPO法人田んぼの実験田に強力な助っ人が訪れました。昨年5年生として一年間『ふゆみずたんぼ』の学習を経験した大貫小学校の6年生の3名、伊藤さん、狩野さん、三神さんです。

 バインダー刈と手刈り作業は、そのあとに稲架掛けを行わなければならないために、猫の手も借りたいほどで、ひとりでも手伝ってくれるととても助かります。そんな時に現れた3人は、お稽古事が始まるまでの1時間ぐらいの間、笑いながら楽しく無施肥・無農薬の田んぼの稲刈りを手伝ってくれました。NPO法人田んぼの若いスタッフの表情も、きつい作業が笑顔へと変わりました。当たり前のように稲刈りを手伝うこどもたちの姿は、未来の農村の新しい希望そのものでした。小規模で手間がかかっても環境や、人間を大切にする農業を行なっていると、思わぬ場面で、暖かな交流も生まれ、農村が笑顔でいっぱいになります。


5:53 PM| 最新情報|master


«  |  »


 

アーカイブ archive



Facebook
海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
〒989-4302
宮城県大崎市田尻大貫字荒屋敷29-1
地図はこちら
tel&fax : 0229-39-3212
e-mail: npotambo@yahoo.co.jp