NPO法人田んぼBLOG
 

田んぼの中の見えない世界を考える

今は一見、乾いていて、生きものなど何もいないように見えている田んぼ。

しかし、『ふゆみずたんぼ』の小さな水溜りの中には、生命のドラマが繰り返されています。これは、アオミドロが接合(核の交換)を行なっている写真です。仙台市科学館学芸員の時代に、中学生の環境教育の教材用に撮影しました。

わたしたちが、この一見、目に見えない世界を感じることができるようになれば、安易に除草剤を使うことはできなくなります。彼らは、彼らなりに必至に生きているばかりでなく、肥料分を供給し、田んぼの土を育んでくれているのですから。


6:20 PM| お知らせ|master


«  |  »


 

アーカイブ archive



Facebook
海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
〒989-4302
宮城県大崎市田尻大貫字荒屋敷29-1
地図はこちら
tel&fax : 0229-39-3212
e-mail: npotambo@yahoo.co.jp