NPO法人田んぼBLOG
 

竹ぼうき・カルチ除草と畦の植物調査

竹ぼうき・カルチ除草と畦の植物調査

2017年6月9日、稲を植えてから3日目の苗はごらんのようにすでに根が伸びていて、竹ぼうき除草ができるまでに育っています。

この日は、竹ぼうき除草はもちろんのこと、カルチという手押しの除草機を使ったり、手で雑草を採ったりしました。

ちいさな雑草は、竹ぼうきの先端に引っかかって抜けてきますし、やや大きくなった雑草は、手押しのカルチ除草機を使って練りこむことや、引き抜くことができるのです。

この日は、5月6日に植えた、大貫小学校の田んぼを竹ぼうき除草し、5月10日に植えた仙台市立田子中学校の苗をカルチ除草機で除草しました。中学生のお兄さんやお姉さんの分まで頑張ってくれました。さすが地元の子どもたちです

どちらの作業も子どもたちは楽しく行うことができました。無農薬・無施肥で行うことは、大変な作業が待っていることを体で学んで行くのです。

 

 

 

カルチ除草機は、子どもには無理かとも思いましたが、空手や柔道を学んでいる女の子たちは、腰つきも良く、簡単に操作してみるみるうちに雑草のコナギが抜けていきました。

 

 

その後の生きもの調査では、カエルと仲良くなって、提供していただいたキャノンのカメラで、決定的瞬間を撮影できた子どももいました。

 

 

 

 

畦の植物調査では、自分で見つけてきた気になった植物を図鑑で調べました。食べられる植物が意外に多いことも学びました。中にはキツネノボタンのように毒のある植物もあるので、秋の「救荒雑草」の授業までは、じっくりと食べられる植物を見分けられるように真剣に勉強しなければなりませんね。


6:46 PM| お知らせ|master


«  | 


 

アーカイブ archive



Facebook
海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
〒989-4302
宮城県大崎市田尻大貫字荒屋敷29-1
地図はこちら
tel&fax : 0229-39-3212
e-mail: npotambo@yahoo.co.jp