NPO法人田んぼBLOG
 

足踏み脱穀と唐箕体験を行いました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月21日に足踏み脱穀と唐箕体験を行いました

○参加者 大貫小学校5年生25名 大人8名 指導者 8

刈り後、天気に恵まれ、稲束を棒掛けにして20日ほどたつと稲穂も十分に乾燥し、脱穀期を迎えます。学習には、昭和初期に使われた足踏み式脱穀機と唐箕を使いました。今ではほとんど見られなくなった機械です。ふつう横書きの場合、左から右に向かって文字をよみますが、足踏み脱穀機は、昭和初期製なので右から左に読むようになっています。最初足踏み脱穀機の名前を『ドンモダイ』ヤと読んでいて不思議そうにしていた子供たちも、すぐに『ダイヤモンド』と読めるようになります。すると『奨推省水農』も『農水省推奨』になります。

足踏み脱穀機は、足で踏み込む作業と稲を回転筒に優しく当てていく作業の2つの作業を一度にしなければならずにたいへんです。しかし、子供たちは簡単にコツをつかんでいきます。足踏み脱穀機の基本構造は、現在使われているコンバインのこぎ歯とこぎ胴のそれと変わらず、先人の知恵として学ぶことができます。また、脱穀の終わったモミは唐箕(とおみ)を使って風で選別することを体験します。簡単な仕組みで、自動的に一番米、二番米とくず米に分けることができることに感動します。このことで、歴史的な道具が、現代の道具の仕組みの基になっているという人類の知恵を知ることができます。

【子供たちの感想】

脱穀機をふむのがむずかしかたけれど、なれたらかんたんでした。昔のひとはこれだけくろうして米をつくっていてすごいと思った。一番米は実がぎっしりあって、二番米は少し実が少なくて、ゴミといっていたのは実があまり少なくてわらくずや草などだった。だっこくの作業は二つの作業をするので大変だった。いねの束を脱穀機につけて回すのがうまくできたのでよかったです。おもしろいけどタイミングがむずかしい。脱穀機は昔のミシンみたいにふむのでおもしろい。足踏み脱穀機で稲の束から米をとるのが大変でした。足踏みをするときにけっこう踏むのが重たかった。いままでやった中で一番楽しかったです。足踏み脱穀機をはじめてやってみて、あまりこつがつかめなかった。一番米、二番米、食べられない米をおしえてくれました。ドンモヤイダ(ダイヤモンドを逆に読んで)で、稲をやりすぎると、持っていかれるということが分かった。脱穀のとき米がすごくとれたのがすごかったです。昔は機械がなくて、ぜんぶ木でつくったものでやっていて大変だなと思った。ダイヤモンドという機械(足踏み脱穀機)で米をとるのがすごくて、大屋式という機械(唐箕)で3つに分けるのはすごかったです。昔のひとが、あんなにすごい機械をつくっているとは思わなかった。すごく楽しかった。昔の機械はすごいと思いました。昔のひとはちえを使って、人の手でできるような機械をつくって、べんりにしていたんだなあと思った。


6:41 PM| お知らせ|master


«  |  »


 

アーカイブ archive



Facebook
海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
〒989-4302
宮城県大崎市田尻大貫字荒屋敷29-1
地図はこちら
tel&fax : 0229-39-3212
e-mail: npotambo@yahoo.co.jp