NPO法人田んぼBLOG
 

大学生の環境教育講座にも利用できる!

大学生の環境教育講座にも利用できる!

田んぼの生きもの調査は、田んぼ周辺の屋敷林や雑木林も使います。

この日は、宮城教育大学の環境教育プログラムで、40名の参加者が20名ずつ別れて、田んぼの動物と植物の調査を行いました。

田んぼの植物には、食べられるものが多くあるのですが、今回は毒の植物も学びました。ケシ科のクサノオウは、ちぎると鮮やかな黄色い汁が出ます。強い毒があり、たくさん食べると痙攣や呼吸不全が起きます。しかし、少しだけなら舌がしびれる体験をすることもできます。この日も、希望者の何人かに体験してもらいました。もちろん岩渕が最初にやってみせることになります。

強い殺菌効果があり、水虫や皮膚病に使われることもあります。活用によっては、毒の植物も有用になる例です。


11:12 PM| 最新情報|master


«  |  »


 

アーカイブ archive



Facebook
海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
〒989-4302
宮城県大崎市田尻大貫字荒屋敷29-1
地図はこちら
tel&fax : 0229-39-3212
e-mail: npotambo@yahoo.co.jp