NPO法人田んぼBLOG
 

井守(イモリ)が田を守る!

南三陸の稲刈りの田んぼで鈴木俊君の見つけたアカハライモリ (赤腹井守)。イモリは昆虫、クモを食べています。稲刈りにイモリがいるということは、田んぼが湿っていて生きものにあふれている証拠です。『ふゆみずたんぼ』は、稲刈りは手間がかかりますが、いつも多くのいきものと一年中一緒にいることができる証拠で、豊かな場所なのです。

井守(イモリ)の井は田んぼを意味し、水田に生息することから「田を守る」ということに由来して付けられた名前とされています。持続可能な生産性を守るために湿地としての田んぼを残そうととした先人の知恵です。


10:08 PM| お知らせ|master


«  |  »


 

アーカイブ archive



Facebook
海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
〒989-4302
宮城県大崎市田尻大貫字荒屋敷29-1
地図はこちら
tel&fax : 0229-39-3212
e-mail: npotambo@yahoo.co.jp