NPO法人田んぼBLOG
 

健康な、稲の命をいただきたい。

寒風沢島で私たちは、無施肥・無農薬、1本植え、尺角植え(約30cm)の究極の『ふゆみずたんぼ』で育てた稲と、減農薬・減化学肥料で、ホニョ(穂仁王)を作りました。

約3週間後の10月31日-11月1日に脱穀を行いましたが、その際に驚いたことがあります。藁の手触りが全く違っていたのです。写真は、それを確かめるために撮影したものです。藁の茎の径の違いが分かるでしょう。ホニョ(穂仁王)にして、干した後、減農薬・減化学肥料の方は、ベッタリと縮んでしまっています。それに対して、無施肥・無農薬『ふゆみずたんぼ』の茎は、しっかりしていて、直径は2倍近くに達していたのが分かるでしょう。『秋まさり(秋に成長が充実)』の稲わらは、それだけ稲が健康な証拠です。健康な、稲の命をいただきたい。それが私たちの願いです。


10:11 PM| お知らせ|master


«  |  »


 

アーカイブ archive



Facebook
海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
〒989-4302
宮城県大崎市田尻大貫字荒屋敷29-1
地図はこちら
tel&fax : 0229-39-3212
e-mail: npotambo@yahoo.co.jp