NPO法人田んぼとは
 

理事長について about

岩渕 成紀

理事長

岩渕 成紀

氏名
岩渕 成紀
ふりがな
いわぶち しげき
肩書き
NPO法人 田んぼ 理事長
出身都道府県
宮城県
生年(西暦)
1956年
現住所
宮城県
主な経歴
1956年宮城県生まれ
80年宮城教育大学教育学部卒業
仙台市内の公立教諭を経て
90年兵庫教育大学生物学科修士課程修了

その後、仙台市科学館学芸員、宮城教育大学客員教官などを経て
2002年より宮城県立田尻高校教諭

2006年退職して、NPO法人田んぼを立ち上げ、住まいを仙台から田尻に移す

冬の水田に水を張り、ガンカモ類の冬のねぐらやエサ場、コウノトリやトキの生息地の復元を目的とした「ふゆみずたんぼ(冬期湛水水田)」の実践的研究や、 インターネットを活用した田んぼの生きもの調査、こどもたちの興味をひきだす多様な環境教育を実践している
上記肩書き以外の「主な役職」
日本雁を保護する会幹事
NPO法人蕪栗ぬまっこくらぶ理事
民間稲作研究所理事
NPO法人メダカのがっこう顧問
首都圏生協連合(パルシステム)顧問  等

line

理事長からメッセージ message

 講演会では、田んぼの文化歴史と生物多様性の関係と生物多様性を生かした稲作を解説します。 特に土作りとユスリカ、イトミミズ、見えない世界のバクテリアや菌類の世界を中心とした泥の中の生物の関係を中心に紹介します。 世界中のふゆみずたんぼ(冬期湛水水田)の情勢とその動き、有機栽培や特別栽培との関係について、安全安心と流通を支える 「田んぼの生きもの調査」の方法とその調査技術を解説し、水田農業を中心とした新たな環境経済戦略と生物多様性の共生スタイルを提案します。

 NPO法人田んぼは、自然と農業の共生を目指すもので、農業者、消費者、行政、NPOの多様な考え方を柔軟に取り入れ、民間企業の資金も導入しながら、湿地と水田農業の「賢明な利用」を追求し、 全国に田んぼの生きものを活かした環境共生農業の普及を目指すことが目的です。

 これまで、大崎市田尻(旧田尻町)では、蕪栗沼の周辺で冬に田んぼに水を張る「ふゆみずたんぼ」が、平成10年の冬から農家の方々、田尻町、 NPO法人蕪栗ぬまっくらぶ、本法人の前身であるNPOふゆみずたんぼプロジェクトの支援・協力によって行われてきました。

また、これが後押しとなって、2005年からアフリカのウガンダで開催されたラムサール条約会議で、「蕪栗沼・周辺水田」としてラムサール条約湿地に登録され2008年韓国の昌原(チャンウォン) で開催された第10回ラムサール条約会議、2010年名古屋で開催された第10回生物多様性条約締約国会議(CBDCOP10)で「水田決議」が採択されました。

 ふゆみずたんぼの水鳥保全効果、生きものを豊かにする効果、有機農法技術としての有効性、田んぼの生きもの調査の役割,田んぼの教育への活かし方などを研究者との協力で明らかにしていくことがこれからの課題です。 また、ふゆみずたんぼの他にも生きものが豊かで楽しい田んぼの農法(生物多様性を育む農法)が考えられ、生きものを活かした多様な技術の底支えと普及の支援も必要です。
また、環境教育や、エコ・ツーリズムにも新たな視点で提言していきたいと考えます。

 「ふゆみずたんぼプロジェクト」、「自然共生農法プロジェクト」、「食・暮らしプロジェクト」の3つの柱を中心にして農家の方々、都市住民の方々、行政に関わる方々、 関連するNPO法人、研究者など、すべての人たちの協働による人と生きものが共生し、大切にされる安心で楽しい農業と地域作りに貢献したいと考えています。

 今後は,多様な生物に支えられて成り立つ農業文化の再生を目指し、農家も消費者も一緒に農業に夢を持てる社会にしたいと考えています。また、積極的に政策提言できる組織に育てたいと考えています。

line

主な著書・雑誌記事等 books

 

最新情報 info

2016.12.11

中山平の『ふゆみずたんぼ』

2016.10.16

江戸時代の刀の鍔に描かれた稲

2016.10.13

霧の中の雁のいる風景(宮城県大崎市蕪栗沼)







Facebook
海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
〒989-4302
宮城県大崎市田尻大貫字荒屋敷29-1
地図はこちら
tel&fax : 0229-39-3212
e-mail: npotambo@yahoo.co.jp