私たちはどうかしている

私たちはどうかしている1巻ネタバレ!大好きな母親が殺人犯になり憎き相手との結婚!

私たちはどうかしている1巻ネタバレ

漫画雑誌『BE・LOVE』(講談社)にて、2016年から連載されており、2020年7月からでテレビドラマで放送される予定で注目が集まっている漫画です。

この記事では【私たちはどうかしている】単行本1巻のあらすじや、ネタバレを中心に内容をまとめています。

タイトルにある通り、【私たちはどうかしている】単行本1巻の内容を1話ずつご紹介していくので、ネタバレ要素がたくさん入っています。

もしネタバレしたくない!ということであれば、「戻る」ボタンを押して違う記事をみていただくことをおすすめします!!

>>私たちはどうかしているをZipやRar以外に無料で読む方法ある?

私たちはどうかしている1巻をネタバレする前にお得に読むことができる方法は?

私たちはどうかしている1巻をネタバレする前にお得に読むことができる方法は?

ここから先は【私たちはどうかしている】単行本1巻のネタバレ記事が入っております。

もしネタバレを読みたくない、と思っているのであればお得に【私たちはどうかしている】単行本1巻を読んでみませんか?

実は、お得に【私たちはどうかしている】の漫画単行本1巻を今すぐ読む方法があるのです!

その方法とは電子書籍の無料トライアルを使う、という方法。

 

いま話題の電子書籍。

実は、登録するだけですごくお得なクーポンやポイントがもらえるって知っていましたか?

私がお勧めする電子書籍サービスは以下の3つ。

サービス名 月額料金 無料期間 無料トライアルに登録すると付与されるポイント 補足
U-NEXT 1,990円 31日間 600円分 アニメや映画など見放題数No.1
FODプレミアム 888円 2週間 最大1,300円分 フジテレビの過去ドラマなどが強い
まんが王国 なし なし(都度購入) 半額クーポン

 

赤字に注目して欲しいのですが、U-NEXTやFODプレミアムに関しては登録から2週間もしくは31日間の無料トライアル期間があるのです

しかも、無料トライアルに登録すると付与されるポイントが最大合計1,900円分のポイント

これは使わない手はないですよね。

無料トライアル期間はいつ終わるかわかりませんので、ぜひ今のうちに登録して「私たちはどうかしている」をお得に読んでください!

 

ちなみにまんが王国に関しては、無料期間はなく都度購入です。

しかし最初の1冊については半額クーポンがついておりますので、紙の本を購入するより断然お得です!

 

>>【無料】私たちはどうかしているをお得に読むのに必須のU-NEXT♪

↑31日間の無料トライアルで「私たちはどうかしている」を読む↑

私たちはどうかしている 1巻ネタバレ!

私たちはどうかしている 1巻ネタバレ!

私たちはどうかしている1巻には第1話~第5話の5話分が収録されています。

第1話 再開

第2話 お祝いのお菓子

第3話 結婚

第4話 光月庵

第5話 常連の注文

 

私たちはどうかしているネタバレ第1話 再開

主人公の大倉七桜(おおくら なお)は5歳の時、和菓子職人である母親が住み込みで働くことになり一緒にその店を訪れる。

そこは創業400年の歴史を持つ和菓子屋 「光月庵(こうげつあん)」

七桜は店で一人の少年、椿と出会い、七桜の名前から「さくら」と呼ばれていた。

七桜は小さいころから体が弱く病気がちだったため、椿が七桜のために満開の桜の写真を見せてくれたが、気分は晴れない。

母親と椿は七桜のために家の中で出来る和菓子作りを教えてくれ、一緒に桜の和菓子を作ったことで七桜は和菓子作りにどんどん魅了されていく。

 

ある日、椿の父親である光月庵の若旦那が何者かに殺害され、犯人を見たという椿は、その犯人の正体は、七桜の母親だと指さし、母親は警察へ連行され、七桜は光月庵を追い出された。

 

ーーーそれから15年後 小松市でのお話

花岡七桜と名前を変えた七桜は、和菓子職人となっていた。

七桜は、その人をイメージしたその人だけの特別な和菓子を作ることに定評があり、茶道 佐山流の佐山家の娘から結婚式での引き出物のお菓子を作ってほしいと頼まれる。

しかし、結婚相手は家元の長男であるため昔から付き合いのある店で頼みたいと言っており、両家が揃うお茶会でどちらの店にするのか決めたいのだという。

そのお店が 光月庵 だった。

七桜は昔の出来事から赤い色が怖く、桜をテーマにしたお菓子が作れないということもあり、その誘いを断った。

そして七桜が働く一幸堂に「花岡七桜の母親は人殺し」だというメールが届き、店を追い出されてしまう。

雨の道端で絶望していた七桜に、一人の男性が声をかけてきて七桜の母親からだという手紙を受け取る。

七桜は何かを決断して、一度断ったお茶会の誘いを受けることを決め、光月庵の”高月 椿”と再会する。

 

私たちはどうかしているネタバレ第2話 お祝いのお菓子

15年前に出会った椿とは似ても似つかず、七桜にも気が付かない。

椿と七桜は、お茶会のテーマである”桜”のイメージのお菓子をそれぞれ披露する。

椿の桜のお菓子は、”淡墨桜(うすずみ桜)” 

つぼみのときは薄紅色、満開となると白色、最後は淡い墨をひいたように色を変えて散る桜をイメージしており、結婚という一生一度晴れの祝いであり唯一無二の格別に華やかなお菓子だった。

それに対して七桜のお菓子は緑色の菓子”葉桜(はざくら)”

このお菓子には、一面に咲き誇った桜はやがて散り、いずれ葉が茂り、日々緑が濃くなっていくように月日を重ねてもお二人が仲睦まじくありますように、という願いが込められていた。

そして中のあんには桜がはいっており、「本当の幸せは日常の中にある」という意味も込められていた。

好評を得た七桜のお菓子だったが、有名な和菓子店 光月庵には逆らえないため引き出物のお菓子は光月庵に頼むこととなってしまった。

七桜はお茶会の場を去ろうと庭に出ると、椿と出会い、椿は七桜の手をいきなり取ると「俺と結婚しない?」と驚きの一言を告げた。

七桜は、母親からの手紙に書いてあった”私は何もやっていない”という言葉を思い出し、椿に近づくため結婚を承諾する。

 

私たちはどうかしているネタバレ第3話 結婚

椿に名を聞かれ、「花岡七桜(はなおかなお)」と答える。

昔、さくらと呼んでいた椿は名前を聞いても”さくら”本人だと気が付かない。

そして本気で結婚する気があるなら3日後に光月庵に来いという。

私は忘れない 幸せを奪われた 椿の一言で

あの日からずっと一人 

この15年間どんなに苦しんできたか 眠れない夜がどんなに続いたか

椿を憎んでいる そんな相手と結婚するなんてありえない

どうかしている

七桜はずっと椿を憎しみ恨んでいた。

 

すると引き出物のお菓子を依頼をした佐山家の娘・真由が、七桜に謝りに来た。

七桜は光月庵のお菓子をいくつか買ってきてほしいとお願いして、光月庵の今のお菓子の味を確かめる。

すると真由は光月庵の味が変わった、15年前は美味しすぎてずっと食べていたと言い、七桜は母親が作っていた和菓子をほめてくれたことに喜ぶ。

 

そして七桜は、裁判中に亡くなってしまった母親の潔白を晴らすため、光月庵にやってくると椿が別の女性と式を挙げていた。

その相手は日本屈指の旅館 長谷屋の娘だという。

七桜は、椿の前に立ち手土産の真っ黒な羊羹 ”新月”を差し出す。

月のない夜 ”新月”をイメージしたお菓子は光月庵がなくても和菓子の世界は美しいという意味を込めていた。

すると椿は七桜を引き寄せ、「この女と結婚する」と言い、キスをするのだった。

 

私たちはどうかしているネタバレ第4話 光月庵

長谷屋の当主である男が椿の胸ぐらを掴み、怒鳴る。

椿の母親である光月庵の女将が現れ、その場を収め、別室に椿を呼び出し、考え直すように頬を叩く。

七桜は15年前に世間的には病死したという若旦那が亡くなったことを知っているのかと問うと、女将は七桜に何が目的なのかと問い詰める。

すると椿の祖父である店主・高月宗寿郎が式の場に顔を出し、式は中止してほしいと土下座する。

そしてこの結婚は、業績不振だった光月庵を支援するために長谷屋が申し出てくれたことを明かす。

優しい顔で微笑んでいた店主だが、椿には顔色を変えて、3か月で成果を出さなければ、店を去るようにと告げた。

 

夜、椿と七桜が2人になると椿は光月庵を変え、店を自分のものにすると言う目的を語った。

 

私たちはどうかしているネタバレ第5話 常連の注文

翌朝、椿は七桜を厨房に連れていくと和菓子職人と5人の見習いを紹介する。

2日後に三坂神社で祈晴祭があり、奉納菓子を任された光月庵は忙しそうな様子だった。

七桜は職人の中で母親のことを知っている人がいるかもしれないと聞くと10年以上勤めている人がいないことを知る。

そしてお客様のほうが長い付き合いになることを知ると注文票の履歴を探し、53年前から付き合いのある呉服店「白藤屋」を見つけた。

祈晴祭当日に白藤屋からの注文を受け、七桜は自分が御菓子を届けると申し出る。

当日、七桜が届けた椿が作った御菓子は、真っ赤に塗られており、”赤い色”を見た七桜は15年前に母親が捕まった時にみた幼馴染の椿の顔と、真っ赤な椿の花の風景を思い出し、気を失ってしまうのだった。

 

私たちはどうかしているネタバレ1巻まとめ

私たちはどうかしているネタバレ1巻まとめ

いかがだったでしょうか?

この記事では【私たちはどうかしている】単行本1巻のお話を1話ずつ内容をまとめました。

大好きな母親が殺人犯として捕まり、死んでしまった。

そして憎き相手、椿との再会、そして結婚。

七桜は母親の「何もやっていない」という言葉の真実を見つけることができるのか?

2巻に続きます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

>>【無料】私たちはどうかしているをお得に読むのに必須のU-NEXT♪

↑31日間の無料トライアルで「私たちはどうかしている」を読む↑

>>私たちはどうかしている2巻のネタバレはこちら!