私たちはどうかしている

私たちはどうかしている7巻ネタバレ!正体を明かした七桜の決断

【私たちはどうかしている】は、漫画雑誌『BE・LOVE』(講談社)にて、2016年から連載されており、2020年7月からでテレビドラマで放送される予定で注目が集まっている漫画です。

この記事では【私たちはどうかしている】単行本7巻のあらすじや、ネタバレを中心に内容をまとめています。

タイトルにある通り、【私たちはどうかしている】単行本7巻の内容を1話ずつご紹介していくので、ネタバレ要素がたくさん入っています。

もしネタバレしたくない!ということであれば、「戻る」ボタンを押して違う記事をみていただくことをおすすめします!!

>>私たちはどうかしているをZipやRar以外に無料で読む方法ある?

私たちはどうかしている7巻をネタバレする前にお得に読むことができる方法は?

私たちはどうかしている7巻をネタバレする前にお得に読むことができる方法は?

ここから先は【私たちはどうかしている】単行本7巻のネタバレ記事が入っております。

もしネタバレを読みたくない、と思っているのであればお得に【私たちはどうかしている】単行本7巻を読んでみませんか?

実は、お得に【私たちはどうかしている】の漫画単行本7巻を今すぐ読む方法があるのです!

その方法とは電子書籍の無料トライアルを使う、という方法。

 

いま話題の電子書籍。

実は、登録するだけですごくお得なクーポンやポイントがもらえるって知っていましたか?

私がお勧めする電子書籍サービスは以下の3つ。

サービス名 月額料金 無料期間 無料トライアルに登録すると付与されるポイント 補足
U-NEXT 1,990円 31日間 600円分 アニメや映画など見放題数No.1
FODプレミアム 888円 2週間 最大1,300円分 フジテレビの過去ドラマなどが強い
まんが王国 なし なし(都度購入) 半額クーポン

 

赤字に注目して欲しいのですが、U-NEXTやFODプレミアムに関しては登録から2週間もしくは31日間の無料トライアル期間があるのです

しかも、無料トライアルに登録すると付与されるポイントが最大合計1,900円分のポイント

これは使わない手はないですよね。

無料トライアル期間はいつ終わるかわかりませんので、ぜひ今のうちに登録して「私たちはどうかしている」をお得に読んでください!

 

ちなみにまんが王国に関しては、無料期間はなく都度購入です。

しかし最初の1冊については半額クーポンがついておりますので、紙の本を購入するより断然お得です!

 

>>【無料】私たちはどうかしているをお得に読むのに必須のU-NEXT♪

↑31日間の無料トライアルで「私たちはどうかしている」を読む↑

 

私たちはどうかしている 7巻ネタバレ!

7巻には第31話~第36話の6話分が収録されています。

第31話 来客

第32話 封印された扉

第33話 夕ざりの茶事

第34話 さくら

第35話 幸せの行方

第36話 鎮火

 

私たちはどうかしている7巻ネタバレ第31話 来客

突然、もともと椿と結婚する予定だった元婚約者である長谷屋の栞(しおり)が光月庵を訪ねてきた。

栞は全く椿に対して怒っておらず、また光月庵の御菓子が食べたいと微笑んだ。

そして栞は、七桜がもともと働いていた和菓子屋さんへ「花岡七桜の母親は人殺しです」という脅迫文が届いていたことを椿に伝えた。

椿は、七桜を信じると意を決して七桜とは別人だと言い、部屋を去った。

 

一方、七桜は多喜川のもとへ訪れ、椿とは結婚しないと告げ、どこかだれにも知られず雇ってくれる和菓子屋さんを紹介してほしいと頼み込んだ。

多喜川は、親戚の家へ紹介してくれると言い、七桜は一度家へと戻り準備を始めようとする。

そこで栞と遭遇した。

 

私たちはどうかしている7巻ネタバレ第32話 封印された扉

栞は、七桜が不在の間に訪ねてきたことを詫びて、自分はお見合いした人と結婚すること、毎年楽しみにしている光月庵の茶会に参加したいと頼んだ。

七桜は断る権利がないとOKを出すと、栞はにっこり微笑んで去っていった。

 

翌朝、光月庵を去る前に15年まえ事件があった部屋へ手がかりを探しに行くと、そこは中からも外からも完全に封鎖されていた。

職人である山口が通りかかり、一年に一度、茶会が終わったあとに大旦那さまが部屋を開けてお茶を飲むことを教えてくれた。

 

店頭では多喜川が御菓子を買いに訪れており、女将さんと会話して店を出たが、女将さんの表情はなにかバツが悪そうな焦っている様子だった。

 

私たちはどうかしている7巻ネタバレ第33話 夕ざりの茶事

大旦那さまは遺言書を作成しており、「すべての財産を高月椿に相続する」「ただし高月家の血を引く孫が現れた場合はその孫にすべての財産を相続させる」としていた。

女将さんはそのことを知り、椿がれっきとした跡取りだと主張するが、大旦那さまは耳を傾けなかった。

 

そして光月庵の茶会当日、女将さんは大旦那さまの部屋で遺言書を探しに部屋へ忍び込んでいた。

そのもとへ大旦那さまが戻ってきて、女将さんに初めて疑惑を抱いた日のことを語った。

茶会に出かけていて帰りが遅くなったある日、庭へ行くと女将さんが別の男性とキスしているのを目撃していたのだった。

大旦那さまは、女将さんが「加賀御三家 鳳家の娘で、蝶のように美しく聡明であった」ため、光月庵の顔になったらいい女将になると見初めていたが、実際は蝶ではなく光月庵を飲み込む邪の蛇だと言い放った。

女将さんは、たったの一度も高月樹が自分に触れてくれなかったことを告げると、遺言書を奪い、大旦那さまはその反動で頭を打って気を失って頭から血を流していた。

そして女将さんは、その部屋に火を放った。

 

七桜は隙を見て”あの部屋”を除きに行くと部屋の錠が開いており、中に女将さんがいた。

 

 

私たちはどうかしている7巻ネタバレ第34話 さくら

七桜は”あの部屋”にいた女将さんを見て思い出した、15年まえ椿の花が咲き乱れる庭に佇む一人の女の人 ”女将さん”が立っていたことを。

そして七桜は女将さんに昔の事件について、旦那さまはを殺した女と愛し合っていたという噂を聞いたと、かまをかけた。

女将さんは自分の心をズタズタにした2人を憎み、事件当日、「旦那さまの部屋で七桜の母親ともめていたことを見た」と椿に強要して言わせ、罪を押し付けた。

しかし、旦那さまを刺したことは否認すると、七桜は自分が訴えると言い、自分が「さくら」だと、「職人であった大倉百合子の娘」だと正体を明かした。

すると後ろには七桜の戻りが遅いと心配して様子を見に来ていた椿が立っていたのだった。

ずっと信じていたのにーーー椿は絶望した。

 

私たちはどうかしている7巻ネタバレ第35話 幸せの行方

自分が「さくら」だと聞かれてしまった七桜は、椿に「嘘だよな・・・?」と聞かれるも、自分が15年まえに何があったのか真相を知るため、母親の無実を証明するために光月庵へ来たことを明かす。

椿は七桜にキスをして「七桜は何も感じていなかったんだな、」と冷たい目を向けた。

 

すると火事が起き、大旦那さまを探しに部屋へと向かう椿。

煙がすごく意識が遠のいていく中、椿は「さくら」が現れることをずっと恐れていたが、それでもいつも自分の欲しかった言葉をくれた大切な人だと再認識し、幸せだったと実感しながら気を失ってしまった。

そこへ外へ避難していた栞がまだ椿が中にいると知り、助けに向かった。

外へ逃げ出した女将さんは、このまま大旦那さまがいなくなれば自身がやったことがバレずに椿が店を継げるとほくそ笑んでいた。

椿を部屋で待っていた七桜も煙を吸って、気を失ってしまった。

私たちはどうかしている7巻ネタバレ第36話 鎮火

2日後、病院へ運ばれていた七桜が目を覚ますと赤ちゃんを流産してしまったことを知る。

そして椿や店、代々伝わる道具も無事だったことを知った七桜。

七桜は、なにも真相を暴けなかったことに涙し、そこへ多喜川がやってくると「これからどうしたい?」のかを聞いた。

御菓子を作りたいという想いだけを持ち、光月庵や椿のことを忘れる決意をした。

 

3年の月日は経った。

五月雨亭へ、茶会に出す御菓子の選定に来ていた光月庵の椿たち。

すでに茶会に出す御菓子は、「花がすみ」という店に決まってしまっていた。

「花がすみ」の店にいたのは七桜だった。

 

私たちはどうかしている7巻ネタバレまとめ

いかがだったでしょうか?

この記事では【私たちはどうかしている】単行本7巻のお話を1話ずつ内容をまとめました。

ついに椿に正体を明かした七桜。

2人は心からお互いに愛してしまっていたにもかかわらず、純粋に愛せない存在だったと知った椿の表情は悲しかったですね。

そして七桜は、椿のもとを去り、新しい店で心機一転していたが?

今後の展開が気になりますね。

次の8巻へ続きます!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

>>【無料】私たちはどうかしているをお得に読むのに必須のU-NEXT♪

↑31日間の無料トライアルで「私たちはどうかしている」を読む↑

 

>>私たちはどうかしている6巻のネタバレはこちら!

>>私たちはどうかしている8巻のネタバレはこちら!