私たちはどうかしている

私たちはどうかしている9巻ネタバレ!再び急接近する二人、栞が動き出す

私たちはどうかしている9巻ネタバレ!再び急接近する二人、栞が動き出す

【私たちはどうかしている】は、漫画雑誌『BE・LOVE』(講談社)にて、2016年から連載されており、2020年7月からでテレビドラマで放送される予定で注目が集まっている漫画です。

この記事では【私たちはどうかしている】単行本9巻のあらすじや、ネタバレを中心に内容をまとめています。

タイトルにある通り、【私たちはどうかしている】単行本9巻の内容を1話ずつご紹介していくので、ネタバレ要素がたくさん入っています。

もしネタバレしたくない!ということであれば、「戻る」ボタンを押して違う記事をみていただくことをおすすめします!!

>>私たちはどうかしているをZipやRar以外に無料で読む方法ある?

私たちはどうかしている9巻をネタバレする前にお得に読むことができる方法は?

私たちはどうかしている9巻をネタバレする前にお得に読むことができる方法は?

ここから先は【私たちはどうかしている】単行本9巻のネタバレ記事が入っております。

もしネタバレを読みたくない、と思っているのであればお得に【私たちはどうかしている】単行本9巻を読んでみませんか?

実は、お得に【私たちはどうかしている】の漫画単行本9巻を今すぐ読む方法があるのです!

その方法とは電子書籍の無料トライアルを使う、という方法。

 

いま話題の電子書籍。

実は、登録するだけですごくお得なクーポンやポイントがもらえるって知っていましたか?

私がお勧めする電子書籍サービスは以下の3つ。

サービス名 月額料金 無料期間 無料トライアルに登録すると付与されるポイント 補足
U-NEXT 1,990円 31日間 600円分 アニメや映画など見放題数No.1
FODプレミアム 888円 2週間 最大1,300円分 フジテレビの過去ドラマなどが強い
まんが王国 なし なし(都度購入) 半額クーポン

 

赤字に注目して欲しいのですが、U-NEXTやFODプレミアムに関しては登録から2週間もしくは31日間の無料トライアル期間があるのです

しかも、無料トライアルに登録すると付与されるポイントが最大合計1,900円分のポイント

これは使わない手はないですよね。

無料トライアル期間はいつ終わるかわかりませんので、ぜひ今のうちに登録して「私たちはどうかしている」をお得に読んでください!

 

ちなみにまんが王国に関しては、無料期間はなく都度購入です。

しかし最初の1冊については半額クーポンがついておりますので、紙の本を購入するより断然お得です!

 

>>【無料】私たちはどうかしているをお得に読むのに必須のU-NEXT♪

↑31日間の無料トライアルで「私たちはどうかしている」を読む↑

 

私たちはどうかしている 9巻ネタバレ!

9巻には第42話~第45話の4話分が収録されています。

第42話 空白の3年間

第43話 信念

第44話 花蕾(からい)

第45話 和倉温泉

 

 

私たちはどうかしている9巻ネタバレ第42話 空白の3年間

七桜は、光月庵の火事から6ヶ月経った頃、「御菓子処 和沙」というご夫婦2人で経営しているお店で住み込みで働いていた。

七桜の居場所を知っているのは多喜川のみだった。

よく気が付き、よく働く七桜はご夫婦からも好評で、季節の上生の御菓子を作る許しを得た。

 

ある日突然、警察が七桜を訪ねてきては7月16日光月庵の火事の日に何をしていたかを事情聴取を始めた。

火事の日に大旦那さまの部屋に入っていったのを見た、という人物が現れたという。

確実に女将さんの仕業だった。

七桜は雪の降る夜に外へ飛び出し、走り続け、寒さと疲れで意識を失ってしまった。

そこに多喜川が七桜を救い、病院へ連れていく。

多喜川は必死に七桜がいなくなったら母親のことをだれが思い出してあげるんだ、母親のすべてが消えてしまう、と必死に励ました。

すると七桜は、母親が高月樹へ書いた手紙の内容を思い出し、多喜川に力を貸してほしいとお願いした。

母親が高月樹へ書いた手紙の内容は、こう書かれていた。

拝啓 高月樹様

中学の校舎であなたに会えたこと奇跡みたいに思っています。

幼いころ、両親を亡くした私にとって、あなたは初めて愛の温かさを教えてくれた人。

私の作ったお菓子を美味しいと言ってくれるたび、それだけでいつも天にものぼる気持ちになっていたんです。

あなたが光月庵の未来を語るときちょっとだけ眉があがるの。

その姿が本当に好きでした。

気が付けば私にとっても光月庵は憧れの店になっていました。

叶うことならいつか私の作ったお菓子を光月庵で出せたらいいな。

二人でよく歩いた桜の小路。

それを模した羊羹がいいと思うの。

いつか二人の子供ができて、その子がお菓子を作る子になったらそのお菓子を最初に教えるの。

叶わないのはわかっています。

私じゃ女将になれないこと・・でもささやかな夢なの。

思い描くだけで私は幸せになれる。

幸せにーーー

 

私たちはどうかしている9巻ネタバレ第43話 信念

五月雨亭の選定会で再会した七桜と椿だったが、椿は疲れで目がよく見えておらず、七桜だと気が付いていなかった。

そして椿が光月庵へと戻ると選定会の御菓子は光月庵に決まったという。

 

日に日に視界がぼやける椿は病院で見てもらうと、火事の後遺症で早めに手術しないと失明してしまう可能性が高いと診断された。

しかし手術をすると視界のゆがみが取れるには数か月から数年かかることもあり、感知も難しいという。

1か月後に園遊会を控える椿は今は手術できないと断った。

 

光月庵へ戻ると女将さんが五月雨亭の選定会で選定員をしていた男性をもてなしており、光月庵へ票をまわしていたことを知ってしまった椿。

そうしなければ「花がすみ」という店に決まってしまっていたことも。

 

一方、七桜は女将さんがもてなしていた選定員にわざと接触し、お詫びに「花がすみ」でお茶をもてなすと言ってお店へと誘っていた。

 

私たちはどうかしている9巻ネタバレ第44話 花蕾(からい)

選定員をしていた男性は、議員の先生だった。

そしてぶつかってしまったお詫びに、猪の子餅でおもてなしをすると、男性は気に入ってお菓子を買って帰ると言ってくれた。

そこへ「花がすみ」の偵察に来た椿が店へとやってきて、七桜と再会を果たした。

七桜になぜあの日姿を消したのかを問いつめる椿。

七桜はいままでのことはすべて嘘だったと、母親を殺人犯にした人を好きになれるわけがないと答えた。

そして自分が「さくら」だということも改めて告白した。

多喜川がやってきて彼女を傷つけるなと告げると、椿は店を出た。

七桜に再会したことで、幸せだった思い出が蘇り、同時に憎しみも込み上げてきて、後悔するのだった。

 

 

後日、五月雨亭の女将さんが光月庵を訪れ、自身の姉が女将をしている和倉温泉で「和菓子フェア」を行いたいため協力してほしいという。

和倉温泉の女将は、「花がすみ」も気になっているということから椿は、光月庵と花がすみと一緒に企画を受けると承諾した。

そして五月雨亭の女将さんは週明けに顔合わせを行うため、お茶菓子を花がすみ、締めの千菓子を光月庵にお願いした。

 

花がすみを目の敵にしている光月庵の女将さんは、花がすみへ小豆が仕入れられないように手をまわしていた。

御菓子が作れなくなった花がすみだったが、顔合わせの炉開きに七桜は出席をしていた。

 

私たちはどうかしている9巻ネタバレ第45話 和倉温泉

七桜の御菓子は美味しいと好評を得ていたが、七桜は「上等な小豆を仕入れられなかったため、使い勝手の悪い小豆であんを作ったため不安だった」と話す。

すると五月雨亭の女将さんから良い小豆の業者を紹介してもらえることとなった。

 

顔合わせが終わり、和倉温泉の女将さんから週末に一度「湯宿こみち」に宿泊して雰囲気を感じてみないか?と提案があった。

そして七桜と椿は2人で和倉温泉へと向かい、夕食を一緒に過ごした。

どんな御菓子セットを作るのか問われた七桜は、海鮮づくしみたいな、いろんな和菓子を1つの盆にのせた和菓子の御膳を考えていた。

反して椿は、和倉に訪れた多くの俳人が残した句を現した御菓子を考えていると伝えると、七桜と意見の言い合いになってしまった。

七桜は入浴のため温泉へと向かうと、すでに男性入浴時間となっており、椿と鉢合わせた。

他の男性客から見えないように守ってくれた椿に対して、七桜は椿への好意を思い出していた。

 

 

一方、和倉温泉へ七桜と二人で出かけたことを知った栞は、七桜に椿を取られたくない想いで「妊娠している」と女将さんに告げた。

まとめ

いかがだったでしょうか?

この記事では【私たちはどうかしている】単行本9巻のお話を1話ずつ内容をまとめました。

再会した七桜と椿の距離がまたもや近づきましたね。

そして栞は、本当に椿の子を妊娠したのか?

次の10巻でへ続きます!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

>>【無料】私たちはどうかしているをお得に読むのに必須のU-NEXT♪

↑31日間の無料トライアルで「私たちはどうかしている」を読む↑

 

>>私たちはどうかしている8巻のネタバレはこちら!

>>私たちはどうかしている10巻のネタバレはこちら!